ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
いのちって何だろう
小さないのちとの約束
天国のお友だち
書籍販売
定価:1,700円+税 A5判
本文:214ページ 発行:コモンズ
この本は、価格の2割が運営費になります。
ご注文はこちらからメールでご連絡下さい。
子どもによる殺人事件が起きる度に叫ばれる「いのちの大切さ」。しかし、実際に、大人はどこまで「いのち」と真剣に向き合ってきたのだろうか。それぞれの立場で向き合ってきた3人が、この本にまとめた。
(2004.7.5.読売新聞から)
もくじ
第1章 いのちを考える授業
 1 いのちをどう教えるのか
 2 小学三年生のいのちの授業
 3 ニワトリを殺して食べる授業
第2章 子どもと考えるわたしたちのいのち
 1 母になって その子を失って
 2 生と死はつながっている
 3 先生と考える子どものいのち
 4 心の専門家と考える子どものいのち
 5 小児科医と考える子どものいのち
 6 さいごに、いまのわたし
第3章 戦争と「テロ」を生きる
 1 パレスチナから考える「テロ」
 2 国際社会と核
 3 21世紀の幕開けと9・11
 4 子どもたちのパレスチナ
 5 ジェニンの虐殺と国際NGO