「小さないのち」喪失家族--真音ちゃん
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
Pfizer
2008年10月03日
真音ちゃん

サンシャイン国際水族館に行った時のもの。お兄ちゃんが1番好きな写真です。


旅立つ1ヵ月前のクリスマスに、祖父母にもらったメルちゃんのクローゼット。
朝には、サンタさんからメルちゃんのおうちが届いていました。
「大きくなったらママになりたい」と
一度だけこっそり教えてくれました。
そんな思いを小さな胸にいだいてお世話をしていたようです。

「真音ちゃん、そんなにいそがないでゆっくりあそんでね。」
いつもどこかいそいでいて、次から次へとあそびをかえて遊んでいました。
もっともっと、真音の遊ぶ姿を見たかった…
もっともっと、一緒に過ごしたかった…

真音からたくさんの笑顔と大切な思い出をもらいました。
いつも全力で、輝く瞳をキラキラさせて。
とても大切で、何ひとつ忘れたくないです。
いつまでも私達の家族、真音のかぁかにかわりはないですよね。
産まれてきてくれてありがとう これからもずっと 『もっぽね。』