「小さないのち」日々のささやき--こんな飛行機に私も乗りたい
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
坂下裕子の不定期日記 日々のささやき
小さないのちの取り組み
立石由香から事務局だより
Pfizer
2017年04月06日
こんな飛行機に私も乗りたい
看護大学で、グリーフケアの科目を担当するようになり
4年目の新学期を迎えた。
きょうは最初の授業。

準備した内容、時間内に収まるかなあ
と思いながら、電車の中でスマホを見て
準備した内容を削ってでも、この記事のこと言う!
と決めた。それはこういう話。
  
  法事で帰省するため、母親の位牌と遺影を入れた袋を持って
  飛行機の席に座っていた女性に
  客室乗務員は、それを収納スペースに入れるよう促した。
  母の位牌と遺影だということを告げると
  乗務員は、位牌と遺影(のお母さん)を「お客様」と呼び
  たまたま空いていた、隣の席を勧めてくれて
  飲み物も置いてくれた。
  女性客は、涙が溢れ、
  お母さんと旅をしているような幸せな気持ちになれた
  
この乗務員の感性が素敵だし
「個人の裁量による判断」を認める会社も素敵だ。

医療の中でも、個人の判断でケアが実現することが多い。

誰にも危険が及ばず
著しく公平性に欠けることがないならば
前例がない、とか
特別扱いはできない、だとか
そんなちっちゃい枠に収まらず
思いついた「よいこと」を実行に移してほしい
なんて、大それたことを言ってしまった。

でも、実際
思うことを行動に移してくれた医療者に
きもち救われている患者・家族が
たくさんいるのも事実。