「小さないのち」日々のささやき--もっともっと話したかった懐かしさ
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
坂下裕子の不定期日記 日々のささやき
小さないのちの取り組み
立石由香から事務局だより
Pfizer
2018年09月21日
もっともっと話したかった懐かしさ
JR福知山線列車事故現場の、整備がようやく整い
「祈りの杜」としてお披露目された。

まず、ご遺族や被害に遭われた方々がご覧になったあと
私もお招きをいただいた。
説明を聞きながら進んでいくと、前を行く人が
作家の柳田邦男さんと気づき、挨拶した。

数年前にお会いした時、「山下さん」と呼ばれたので
私の苗字、なかなか覚えてもらえないなあ…
と思って、遠慮するようになっていた。

きょう、「お名前間違えて、ごめんなさいね」
と言ってくださり、びっくり。
もっとびっくりしたのは、
「もう20年になりますか」。

おっきい声で「そうなんです!」と言ってしまう。
おっきい声で言うような、「いいこと」ではないのに。
でも、あゆみのことを覚えてくれている人がいることは
「いいこと」で、嬉しいこと。

でも、ここは、
思い出話に花を咲かせるような場ではない。
互いに、事故に遭われた方を想い、訪ねているので
ほんの短い挨拶にとどめた。

山下京子さん
彩花ちゃんがあの被害に遭わなければ(神戸少年犯罪の)
あの方も、がんにならなかったかも知れない…

亡くなる少し前、電話でお話ししたとき
最後に言われた言葉、忘れない。
「あー、役に立ちたいね」

私はあとどれくらい、誰かの役に立てるだろう。