「小さないのち」立石由香から事務局だより--寒くなりました。。
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
坂下裕子の不定期日記 日々のささやき
小さないのちの取り組み
立石由香から事務局だより
Pfizer
2011年12月02日
寒くなりました。。
(いや〜急に寒くなって・・・からだがびっくりですね。ついていけません。。。皆様もご自愛ください)

関西の母が、自分ちにひきとって長くお世話をしていた、父方の(母の)伯母が先日亡くなりました。おんとしなんと109歳。 まさに大往生ですね。

伯母は結構 ジコチューな人で、自分の都合で周りの人を振り回したり、、昔うちの母の縁組を勝手に取り持ったものの、母はその男性にこっぴどくふられたらしく。。。わたしのおばあちゃんは その伯母を恨んでいました。

母は、その伯母と(すでに亡くなりましたが)母方の伯母を二人とも引き取ってお世話をしていました。お二人ともご長寿でしたので、母のほうが参ってしまわないか心配でした。

今回わたしは、帰省できずに、母一人が、通夜とお葬式を取り仕切っていたので、疲れがでて、感染症にかかるんじゃないかと心配してます。



うちの子たちは今のところ大丈夫みたいですが、関西に住むめいっこは、受験生なのにマイコプラズマ肺炎にかかったらしいですし。。。気をつけなくてはね。

昨日 お風呂に一緒にはいっていたとき末っ子が、

「きょうちゃん(次男) 何の病気で死んだの?」と聞きました。

「・・インフルエンザだよ」と答えると 目をまんまるにしてびっくりしていました。そういえば末っ子にはちゃんと話してなかったかも。

わたし「 インフルエンザにかかっても普通は死んじゃったりしないんだよ。きょうちゃんはとってもきついのにかかったからね。でも インフルエンザにかからないように、毎年みーちゃんやあつ(3男)や おにいちゃんは注射しにいってるでしょ。だから大丈夫だよ。」 とか言いながら・・・

本当は、大丈夫なんて誰にもわかりません。

・・・大伯母みたいに大往生する人と うちの次男みたいに短い人生の子には、どんな違いがあるのでしょう。

神様が いとおしく思われてお手元におきたかった?とかでしょうかね。。。