病児遺族グループ 小さい子

病児遺族グループ小さい子について

病気によって子どもをうしなった家族のグループで
「小さないのち」の分科会です。

【会員】

当会が対象とする「病児遺族」は、
生まれて間もない赤ちゃんから、15歳までの子どもを
さまざまな病気でうしなった家族です。
年齢はおおむね15歳であって、「小児科」で治療を受けていたお子さまです。

【活動目的】

同じような経験をした家族との出会いを通し、
ゆっくりと、それぞれに、心を回復していくことです。

【活動内容】

わかちあいのつどい(ピアカウンセリング)の実施
会報の発行
インターネット掲示板の運営
その他、会員が希望すること


お問い合わせ

入会に関して

小さないのち事務局・立石由香に御願い致します。

入会のお問い合わせ メールフォームヘ