【3月】20周年記念行事-4(最終回) 「体験者が考えるグリーフケア」

2019/11/25
◆日時 2020年3月15日(日)13:30~16:30 開場13:00

◆場所 関西学院大学 梅田キャンパス 1004室 (茶屋町アプローズタワー10階)

◆プログラム

・基調講演 田村 恵子氏 京都大学大学院医学研究科教授
「愛する人を見送ること その先を生きること」(仮)
遺族が抱えるスピリチュアルな苦悩について緩和ケアの視点から
お話ししていただく予定です。
※詳細、決まり次第情報を更新いたします。

・「小さないのち」の20年を振り返り 坂下 裕子

・3人の母親による体験発表
※新たに3人の会員が「家族にとってのグリーフケア」をテーマに
体験発表を行います。
感染症、小児がん、新生児の方々を予定しています。
発表内容の詳細は後日ホームページでお知らせ致します。

・会場との意見交換


◆対象 医療従事者およびグリーフケアに関心のある人

◆定員 80人(要予約)

◆参加費 小さないのち(子どもを亡くした家族の会)の運営への支援として
一口500円の寄付を3口(1500円)以上でお願いいたします。

◆申し込み・問い合わせ

『こちら』の入力フォーム 又は、下記アドレス

会代表 坂下裕子(さかした ひろこ)まで

Mailtos-ayumi@pop21.odn.ne.jp

主 催 こども遺族の会「小さないのち」