心臓しんどくても遊ぶの大好き

2021/02/23

昨日書いた日記は、「足の小指」について書いたが

心臓も、普段どこにあるか、わからない

と思った。

 

緊張した時、興奮した時に、「ある」とわかる。

心臓こそ、服着ているから、見えない

だけでなく

服を脱いでも、どこにあるか、わからない。

生きている限り、動き続けているのに。

 

と考えていたら、

毎日心臓と格闘していたのだなあ・・・

と父のことを思い返した。

心臓が悪くなって、すぐにドクドクになるので

いっつも、どこにあるか分かる心臓だった。

そして、座ったり、じっとしていた。

 

でも、2才のM君は

生まれながらに心臓の病気だったので

いつも動き回っていた。

「この状況で、私たちなら、考えられないこと」

とお母さんが言われていた。

 

しんどくても、遊ぶ方がいいからか

遊んでいたら、あんまりしんどくないのか

子どもって、ふしぎ。

子どもって、すごい。