人の話をさえぎるようなことをする時

2019/07/29

「つどい」のとき、遅れて来られる方がいる。

このとき私が思うのは、よく来てくれたね!!!

 

もしかして、来るのを躊躇したのかもしれないけれど、

それでも来てくれたんだあ。

もしかして、途中で道に迷ったとかあったのかもしれないけれど

どうにか辿り着いてくれたんだあ。

そう思って、遅れてきてくれた人を、歓迎する。

 

と同時に、ちょうどいま話している人に、

「お話し、待ってもらえますか」と頼む。

ざわざわする中で話してもらうような話ではないから。

何より、一言一句漏らさず聴きたいから。

 

そして、遅れてきた人にゆっくりと席についてもらい

お茶を入れ、お菓子も置き、音が立たないようになってから

「お話しの続きをお願いします」とまた頼むようにしている。

 

この場だから話してもらえる話で

心して聴きたい、みんなにもそのように聴いてもらいたい話だから。

遅れてきた人も、過剰に気まずく思わなくてもいいから。

 

でも、話を途中で止めている、ことには違いない。

このこと、今後も行動は変えないでいくと思う。

でも誤解のないように、もっと丁寧にしないと。

根がガサツな私だけに。