あっちではずっと一緒と決めこんでいる

2022/01/15

考えれば考えるほど、

この手の話は、いくらでも展開していく。

 

生きているうちに、

あゆみだ!と思える対象と出会えるとしたら、

見えない相手であるより、姿を見たいし

話がしたい、と昨日書いたが、

どうしても私は、

あゆみを少し大きくした女の子をイメージする。

で、そんな奇跡のような出会いが叶ったなら

同時に、足元が崩れるのではないだろうか?

なぜなら

私は、将来あっちに行ったときに

再会を満喫する!と決めているし

それを心の支えにして生き延びてきた。

 

なのに、こっちで再会してしまったら

あっちには、もう、いない

ということになるではないか!?

 

やっとあっちに行った私が

「あゆみがいない!あゆみがいない!」

と半狂乱で探して回っている姿

想像したくない〜

あっちでは、再会するだけでなく

ずっと一緒、と決め込んでいるのだから。

 

そんなこと考えていたら

自分の言っていることが、根本的におかしい

と思えてきた。

私にとって、あゆみは

あの世にいることが良くて

この世にいることは、良くないみたいで。

 

一番は

あの日あの頃に、時計の針を戻せることだが

それができないから、

いろいろ、いろいろ、妄想しては迷走し

生きながらえている、という感じ。